RECRUIT

採用情報

社員の声

門間 眞里

新卒採用

public relations

MONMA

門間 眞里

MARI MONMA

広報企画課

入社年度:2017年度

趣味:絵を描くこと、写真撮影

入社後に感じたこと
家づくりに少しでも興味を持っていただきたい、きっかけを与えたい

元々、絵を描くことが好きで高校・大学と専門的に美術を学んできました。いざ就職活動を目の前にした際、素直に自分がやりたい事を考えました。その結果が「自分が学んできた美術で誰かの役に立ちたい」でした。また、住宅は人生の中でも大きな買い物であり、自分の夢をかなえる場所だと思っています。その家づくりに少しでも興味を持っていただきたい、きっかけを与えたいと思い広報を志望しました。

仕事のやりがい
自分の広告をきっかけに来場してくださったお客様がいらっしゃった時

デザインに関しては勉強をしてこなかったので、全く自信が持てずにおりましたが、ある見学会で広告を見て来場される方が複数いらっしゃいました。まだデザインに関しては勉強不足で、作業時間も決して早いとは言えませんが、その経験が少し自分に自信を与えてくれました。
2つ目は写真撮影の仕事です。広報の仕事には、住宅の内観・外観写真の撮影もあります。メインはモデルハウスや、見学会場となる完成してお引渡し前の住宅です。元々写真を撮る事は好きでしたが、技術は初心者でした。入社当時はどこを撮影するべきなのか全く分からず、広告として使える写真はほぼなかったです。
それが悔しくて、雑誌や広告の写真をたくさん見るようにしてコツをつかんでいきました。ある日、建築写真家の方に直接お話を聞く機会があり、改めて撮り方や機材の設定の仕方などを教わりました。それから撮影がさらに好きになりました。岩手県内に何か所かある見学会場を一日かけて撮影したことも…。「大変だね」と言われる時もありますが、全く苦だと思わずに、むしろ向上心を燃やして没頭できる仕事が出来ることに誇りを持っています。
また、広告で自分の写真が使われた時は毎回飛び上がりたくなるほどに嬉しく感じます。よりかっこいい写真を目指して、現在も奮闘中です!

今後の目標や夢
私の作成した広告が家づくりのきっかけになれるように

パルコホームを一冊の本に例えたとして、私が所属している広報企画課とはいわば表紙のような存在だと考えております。その本を購入するきっかけは、作家のファンだからかもしれませんし、周りで話題になっているからかもしれません。その理由の一つの中に“表紙が気に入ったから” と、私の作成した広告や撮影した写真が、誰かの家づくりのきっかけになれるように、日々勉強していきたいと思っております。

門間 眞里の1日のスケジュール

1日のスケジュール

08:45
出社
08:50
朝礼・清掃
09:20
メールチェック
10:00
SNS更新・チェック
11:00
アンケート発送
12:00
休憩
13:00
写真撮影
15:00
広告デザインの作成
17:00
翌日の業務準備
17:15
退社
CONTACT
資料請求来場予約